FXの長期運用で失敗しないコツ

FXの長期運用で失敗しないコツ

長期運用を考える人へ

FX取引では多くの投資家が短期取引を中心にして運用をしていきますが、長期運用方法であるスワップを同時に予備として利用している方もいらっしゃいます。
FX取引歴が短い、ビギナーの人にはこのスワップ運用について聞いたことはあっても手を出していない人が多いのではないでしょうか。
そこで、FXビギナーの人にも簡単にスワップとFXの長期運用について解説をしたいと思います。

 

 

大前提として、スワップ運用は短期取引よりも安定した資産運用の方法だと言われています。
まずは、スワップにつてい説明をすると、この取引の方法は二国間の金利の差額を受け取ることが出来ることを言い、この差額の計算方法は金利の低い国の通貨で、金利の高い国の通貨を購入することで受け取ることが出来ます。金利が0.1%の通貨で金利が0.5%の通貨を購入すれば、スワップは+0.4%になるのです。

 

そして注意しなくてはいけないのが、このスワップには逆もあるということです。
逆とは金利の高い国の通貨で、金利の低い国の通貨を購入した場合にもスワップが発生し、この場合には金利が0.5%の通貨で、金利が0.1%の通貨を購入した場合には、-0.4%の金利を支払わなければならないのです。

 

また、金利の受取は年毎に支払われるのが基本の銀行とは違い、FXの場合には年毎に支払いがおこなわれる金利を日割りにして計算し、その日の市場取引終了時に支払いがおこなわれるのです。
ですから、取引が終了するまでの間に取引を完了させていればスワップポイントを受け取ることが出来ません。受け取ることが出来るのは翌日に繰り越された金額ということになります。

 

FX取引の長期運用をおこなう場合にはこのスワップポイントの特徴を利用して年毎、月毎といった長期のスワップポイントの運用を言います。


ホーム サイトマップ